コンテンツ

鹿野養蜂園

福岡県八女市北山 この地で、生涯かけて養蜂にこだわる

養蜂家、鹿野瑞穂。半世紀以上ここ八女市を拠点に、妥協のない本物の蜂蜜づくりを続けてきました。種を撒き、木を植え、その想いは弟子であり息子の鹿野聖壽に受け継がれ、今日も鹿野瑞穂がこだわり続ける「かの蜂」の蜂蜜を全国の皆様の元へお届けしています。

すべては美味しい蜂蜜づくりの為。

本当においしい蜂蜜づくりを行うには、元気で強いミツバチでなければなりません。元気なミツバチを育てるには、ミツバチにとっていい環境を作り、豊かな蜜源確保しなければならない…。鹿野瑞穂が養蜂業を始めてから今までこだわり続 けている事です。

  • 種蒔きから採蜜までの環境を整えます。また、最近は、蜜源が乏しい為、なかなか良い場所が見つからないので、蜜源に最適な場所も日々探し続けています。そして、良い場所を見つけたら、土地の所有者に交渉して、環境作りの許可と巣箱を置かせてもらいます。

  • ミツバチたちに自然に近い状態の巣箱で美味しい蜜をとって欲しいというここだわりです。
    徹底管理された巣箱でミツバチの蜜作りの環境をサポートしています。

  • 写真は採蜜の様子です。巣枠の中だけでは蜜をためる面積が足りず、巣枠の方まで巣が伸びています。このような巣枠から採れる蜂蜜がおいしいのです。
    これは、ミツバチとの会話できている、ミツバチとの付き合いが良いと、このように美味しい蜜をたくさん採ってきてくれるのです。

  • 早朝4時起き。蜂蜜づくりは朝が大切。蜂が起きる前から、養蜂作業は始まります。

  • ミツバチたちが集めてきた蜂蜜は、巣の中で自らの体内で水分を飛ばし、さらに羽を使って、完熟状態(糖度約78度)にします。長年の経験により、完全に熟した状態になるまで、採蜜の時期を見極めます。

風光明媚で気候に恵まれた、福岡県八女市北山

九州福岡県の南西部に位置する八女市。ここから、全国のみなさまの元へお届けしています。そばに流れる矢部川の河川敷に続く桜並木や菜の花。ピンクの絨毯のようなレンゲ畑。標高450m、名水湧く飛形山の立花みかん畑の白い花…。毎年様々な花が咲き誇り、ミツバチたちが飛び交っています。

養蜂家として半世紀以上生きてきた 父、鹿野瑞穂の想いを継承

そして今、鹿野瑞穂の元では、養蜂歴が10年になる弟子であり息子の聖壽が思いを受け継ぎ、蜂蜜づくりを行っています。「特別なことは教えていません。蜂を知れば、蜂が教えてくれる」と父、瑞穂。「迷った時はまず自然に耳を傾け、そして父に聞きます。後ろに父がいると思うと心強いですね」。お互いの会話は少なそうです。そんな不器用な親子が作る純粋蜂蜜、まっすぐな想いごとお届けします。

商品一覧

種類から探す

国産はちみつ

世界のはちみつ

セット商品

ハーバリウム

はちみつお菓子

YameyHoney

ドリンク

美容・健康

はちみつ関連商品

はちみつカンパニー

九州特産品市場

容量から探す

ページトップへ